2016年の大河ドラマ「真田丸」の回想

2016年話題になった大河ドラマ「真田丸」。

このドラマは、真田昌幸(草刈正雄)、信之(大泉洋)、信繁(幸村)(堺雅人)親子の物語を描いています。

武田家に仕えていた真田は武田家滅亡後、新たな道を歩み始めます。

名将として名をはせた昌幸は、巧みな工作で真田家を守っていきます。

私から見ると真田昌幸は名将というよりクセ者という印象です。

その印象が強いのは武田家滅亡後に主家を織田、北条、徳川、上杉と次々に上手く乗り換えて生き残ったからです。

弱小ゆえに知恵を振り絞っていた感じがします。

真田の名が知られたのは、徳川との合戦です。

第一次、第二次上田合戦は有名で兵の数で上回る徳川勢を打ちのめししりぞけました。

そして第二次上田合戦では真田の命運を賭けた関ケ原でした。

犬伏の別れでは議論の末、昌幸と信繁は石田方に付き、信之は徳川方に付きました。

こうすることで、どちらが勝っても真田が生き残れるようにしたのです。

昌幸、信繁は上田城で徳川秀忠軍を足止めする善戦を繰り広げました。

しかし、関ヶ原で徳川が勝ち、敗軍となった昌幸、信繁あ高野山に送られてしました。

その後、昌幸は亡くなり、信繁は大坂の陣に参戦します。

信繫は、あの有名な真田幸村であり、大坂冬の陣では真田丸を築き徳川軍を翻弄し、夏の陣では家康本陣になだれ込み、徳川家康をあと一歩まで追い詰めました。

この出来事で幸村は、日の本一の強者と呼ばれるようになりました。

ドラマの脚本は三谷幸喜さんで、所々にフィクションやコミカルなシーンも多くて飽きの来ないドラマでした。

この真田親子について知りたい方、まだご覧になってない方は一度ご覧になってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です