大河ドラマ「西郷どん」第9話の感想

第9話では、ついに江戸に到着し新たなスタートをきった西郷吉之助。

先に来ていた仲間たちとも再会をはたします。

その仲間たちに連れられて品川宿の礒田屋に行き、そこで薩摩の貧しい百姓の娘で身売りされた、ふきと再会しました。

このふきとの再会が、吉之助にとって重要な出会いを招いてくれます。

それは、ふきをひいきにしているヒー様という男との出会いです。

ドラマの後半で島津斉彬の密偵になった吉之助が、斉彬の書状を携えて徳川斉昭のもとを訪ねます。

なんとこのとき、ヒー様(徳川慶喜)に再会します。

本人は否定しましたが、間違いなくヒー様でした。

この偶然とも言える出会いこそ、これからの物語を展開させるキーポイントだと思います。

また、島津斉彬の密偵となった吉之助は、幕府や他藩の要人との接触も多くなると思います。

そこからの経験が西郷隆盛という人物を作り上げていくのではないかと思います。

これからヒー様(徳川慶喜)とも知り合いになった吉之助は、後に薩摩と幕府が敵対しますが、2人はいい関係を築ていたのではないかと思います。

それが大政奉還や江戸城無血開城にもつながるのではと思います。

特に江戸城無血開城が実現したのも陰に2人の関係があったからではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です