洗顔の仕方を注意するだけでスキンケアは出来る

私は、20代のころ、そろそろ美容に時間を掛けなくてはとおもいつつ、あまり気を使えていませんでした。今思うと、その頃から将来に備えたスキンケアをやっておくべきだったのです。

やはり、20代のうちから気をつけておかないと、40代になって、さまざまな肌トラブルに悩まされてからでは遅いのです。

今思えば、やってはいけない行動を多々行っていました。それが結局、シミやシワ、たるみなどに繋がっているのかなと思うのです。

そのやってはいけない行動、それは「こする」「たたく」「ひっぱる」の3行動です。

そんな私の反省を今の20代の人が解ってくれれば嬉しいと思うのです。
まずクレンジング。

クレンジングをする時、特にアイメイクのクレンジングは適当に行なってはいけません。

これをいい加減に行っていると、目の下に色素沈着が出来てしまいます。

目の下のクレンジングはこする行為をせず、コットンにメイクアップリムーバーを染み込ませ、汚れを浮かせる様に行うべきです。

また、もう一つ重要な事としては洗顔です。

洗顔に使用する洗顔料は、ネオちゅらびはだ(http://www.ishd2017.org/)です。時間がかけてしまうと肌が乾燥しやすくなるので、ぬるま湯で洗って可能な限り肌に刺激を与えないようにしてください。

また、肌が引き締まるからといって、ぬるま湯で洗い流したあと、冷水を使うのもNGです。保湿液などを十分肌にしみ込ませるようにしてください。

他にも、当然紫外線対策も重要です。夏以外はついつい適当に考えてしまいがちなのですが、
紫外線対策は、一年中行なった方がよいです。

そして、外出しないとしても、紫外線は窓から入ってくるので、家でも必要です。

私的には、このひとつひとつがおろそかになっていましたが、これからの人には是非とも注意して欲しいですね。

敏感肌に優しいプチプラ化粧水とは

どのスキンケアが良いのか分からない!お金もなくてそんなに高いものが買えない泣といった人は多くいますよね?

そんなみなさんに、今日私が紹介するスキンケアはオルビスユーです。

ローションはプチプラでとてもお得で、デパコスなどで買うよりも全然お手頃です!オルビスユーは、細胞レベルで肌を潤し、乾燥・くすみ・ハリを対策してくれます!

小じわやリフトアップには最適で、つけた瞬間に、潤いとハリを実感できる頼れるエイジングケアです!さらにアルコールフリーだから、肌の弱い方にもオススメできるスキンケアとなっています。

今まで、自分なりのスキンケアをしてきて、従来のエイジングケアに満足できなかった方、潤いやハリの低下、毛穴の目立ちが気になる方、コスパの高いスキンケアを求める方にとてもオススメとなっています。

美容雑誌でも高評価保湿化粧水としっかりアプローチしてくれるスキンケアです。そして、オルビスユーは30代からのエイジングケアシリーズです。

「肌が自ら美しくなろうとする力」を考えるオルビス独自の処方により誕生しました。ほうれい線などのシワ・顔色の悪さ・メイクのりの悪さなどの悩みに対応しています。

アイテムはウォッシュ(洗顔料)・ローション(化粧水)・モイスチャー(保湿液)のわずか3種類。シンプルなスキンケアが特徴で、無油分・無香料・無着色・アルコールフリー・界面活性剤不使用という肌にやさしい処方も注目されています。

洗顔の前にはととのうみすとを使うと顔がすっきりします。

肌のセルフコントロールを目指し、3つのアイテムにキーポリンブースター(ヤグルマギク花エキス・アマモエキス・モモ葉エキス)などの保湿成分を配合。

数十億個の水分子が肌を巡るエイジングケアで、うるおいに満たされたみずみずしい輝きが手に入ります。

10年後も綺麗な髪の毛でいる為に

34歳で第一子を出産致しました。その後、髪の毛と頭皮の変化を今まで以上に感じてしまい、頭皮や髪の毛のケアを気にして行うようになりました。

美容室のベットスパの担当者の方に「頭皮を良い状態で美しく保つ事がとても大切で、美しくて元気な頭皮から美しい元気な髪の毛が生えてくる、そして今のケアが10年後の自分の髪の毛になるという気持ちでケアすると良い。」いう話しにとても納得してしまいその後、頭皮ケアに力を入れているブランド「ジョジアンヌロール」のシリーズを使う事にしました。

シャンプーは「メデュラ」というオーダーメイドシャンプー

使い始めはキシミがかなりあったので驚きましたが、シャンプー後に「CHトリートメント」というトリートメントをつける事でそのきしみもすぐに解消できます。

仕上がりは頭皮がすっきりし、立ち上がりも良くなる感じがします。素髪感というフレーズがぴったりのシャンプー&トリートメントです。

又、「エッセンスキャピロールAC」というオイルで1~2週間に1度ぐらい頭皮ケアを行なっています。

こちらのオイルはシャンプーする前に使用するもので、頭皮によくなじませて頭皮マッサージをしたのち15分ぐらい放置してからシャンプーをして流していきます。

こちらのオイルは香りがとても好みなのでお気に入りでずっとリピートしています。子供の世話などで忙しい状態でも、シャンプーする前の乾いた頭皮にそのまま付けて軽くマッサージして放置するだけなのでとても簡単で使いやすい事もリピートしている理由です。

シャンプー後はオイルによって髪の毛がベタつくなどという事もありません。

そして香りもほんのり残るのでとてもリラックスした気持ちで眠りにつく事が出来ます。

今までは頭皮が乾燥して痒いなどと言う事も良くあったのですが、このオイルを使い始めてから痒みのトラブルがなくなり髪の毛もより綺麗になっているので、これからも続いていきたいと思っています。

綺麗に必要なのはお金ではない、等身大のスキンケア

「1.スキンケアコスメの選び方」

私のスキンケアコスメの選び方はとにかく長く続けられるかを重視しています。

たまにはお高いブランドコスメに憧れたりもしますが、ケチってちょっとずつ使っていては逆効果です。
かといって余りにも安すぎるコスメだと気分が上がらず、お手入れの楽しみもなくなってしまいます。

なので身の丈にあった金額の中で、デザインも可愛くお手入れした感触の良いものを基準に選んでいます。

[失敗したこと]

オーガニックにこだわった時期もありましたが、お値段が少し高かったり取り扱いが難しいものも多くめんどくさがりな私には向いていませんでした。

あまりにも安価なものを除いて肌に合わないものはなかったので、成分などはあまり気にせず直感でセレクトします。

「2.スキンケアのこだわり」

めんどくさがりの私はいつもオールインワンジェルで済ませます。おすすめなのはシズカゲル。しかし、ひとつだけお肌のお手入れでこだわっていることがあります。

それは必ず自分の手で肌に触れるということです。

お手入れは手を入れるとも書きますが、自分で自分のお肌をいたわるということがどんな美容液よりも効果的だと思っています。今日もよく頑張ったね、と自分への褒め言葉を毎日伝え続けると肌も応えてくれます。

よく植物や果物を用いた実験でバカなどの悪口を浴びせたものと、綺麗だねなどの褒め言葉をかけて育てたものとでは腐る速度が全く違って、褒め言葉をかけ続けた方は綺麗な状態が長く続くという結果も出ています。

[オススメの方法]

口に出すのが恥ずかしければ心の中でこっそり思いながらお手入れするのも良いと思います。

私の自力アンチエイジング、スキンケア方法。

アラフィフになって肌の悩みは本当に果てしなく尽きなくなってきました。シミ、ほうれい線、シワ、小ジワ、たるみ、ハリの無さ、くすみ、ツヤが無いなど、もうエンドレスです。

子供が大学に入ったばかりで、一人暮らししていますから、これからまだまだお金がかかりますし、老後の事もあり、どうしても自分の肌に割く為のお金を使うことに罪悪感を感じて、できるだけコスパの良い化粧品を使い、自分なりにアンチエイジングのスキンケアを実践しています。

朝は忙しいので、毎夜ゆっくりスキンケアします。先ず、私はトリプル洗顔実施しています。拭き取りシートで拭き取った後、スクラブ洗顔をし、その後、洗顔ネットで泡立てた保湿成分のある洗顔料で顔を優しくマッサージしながら洗います。これで、化粧と角質をしっかり落とします。

それから次に、化粧水をコットンになじませ、特に目尻とほうれい線には時間をさいてパッティング。その後、乳液を全体になじませる。

化粧水には最近話題のととのうみすとを使っています。ととのうミストはかなり評判で口コミでも評価が高いです。

そして、保湿力の高いナイトクリームを手で馴染ませて暖かくしてから、顔に塗るんですが、その時、かなり全体的に時間をかけて、ゆっくりと手のひらで押さえながら染み込ませます。こちらも目元とほうれい線は特に時間をかけて押さえます。

数日に一回はプラス、目元に乾燥小ジワ対策のアイクリームをつけます。それからこちらは週末にですが、シミの気になる部分にシミ消しクリームを塗り、その上からバンドエイドを貼って寝ます。

そして、鼻の横の付け根から頬骨を通り、耳にかけて老廃物を流します。そして、耳横から今度は鎖骨に向けて、リンパに沿って流します。こうして老廃物を流し、むくみもとります。

日々、自力でアンチエイジング・スキンケアを頑張っています。

肌に優しく少しでも髪が傷まない方法を選ぶ

シャンプーやコンディショナーを選ぶ際は有名なメーカーやボトルのデザイン、そして匂いなどで選ぶ方もいるかと思いますが、私はできる限り頭皮に優しいものを選ぶようにしています。

頭皮に優しいというのは、化学物質の入っていない無添加のものということです。

肌に優しいことで有名な「シャボン玉せっけん」シリーズのシャンプーとコンディショナーを使用するようにしてからはそれ一本です。

せっけんシャンプーは髪の毛がゴワゴワになると言って嫌がる人もいるようですが、そんなことはありません。

しっかり泡立って気持ちよく洗うことができます。

化学物質が入っているシャンプーはいい匂いがしたりするかもしれませんが、その分落としにくいデメリットもあるかと思います。

シャンプーやコンディショナーは毎日使うものなので、できるだけ肌に優しいものを長く使い続けるよう心がけています。

そして髪の毛を完全に乾かす前にヘアオイルをつけるようにしています。私のお気に入りはエメリルオイル(⇒http://www.wearehebe.com/)。シャンプーとコンディショナーもそろっているブランドなので、一緒に使っています。ヘアオイルは枝毛になりやすい毛先に特に大目につけています。

ドライヤーも毎日使用すると髪の毛にダメージを与えてしまうので、ドライヤーを使用する前につけるのがポイントです。

今ではアルガンオイルやオリーブオイルなど様々なヘアオイルがありますが、ヘアオイルももちろんできる限り自然で安全なものを購入するようにしています。

また、わりと手がベタベタになってしまうので、使用するときに大量に出すぎたりせず使いやすいサイズ、容器のものを選ぶのも大事です。

持ち運びしやすいサイズだとちょっとしたお出かけの際などにもバッグに入れて持って行けるので便利です。

2016年の大河ドラマ「真田丸」の回想

2016年話題になった大河ドラマ「真田丸」。

このドラマは、真田昌幸(草刈正雄)、信之(大泉洋)、信繁(幸村)(堺雅人)親子の物語を描いています。

武田家に仕えていた真田は武田家滅亡後、新たな道を歩み始めます。

名将として名をはせた昌幸は、巧みな工作で真田家を守っていきます。

私から見ると真田昌幸は名将というよりクセ者という印象です。

その印象が強いのは武田家滅亡後に主家を織田、北条、徳川、上杉と次々に上手く乗り換えて生き残ったからです。

弱小ゆえに知恵を振り絞っていた感じがします。

真田の名が知られたのは、徳川との合戦です。

第一次、第二次上田合戦は有名で兵の数で上回る徳川勢を打ちのめししりぞけました。

そして第二次上田合戦では真田の命運を賭けた関ケ原でした。

犬伏の別れでは議論の末、昌幸と信繁は石田方に付き、信之は徳川方に付きました。

こうすることで、どちらが勝っても真田が生き残れるようにしたのです。

昌幸、信繁は上田城で徳川秀忠軍を足止めする善戦を繰り広げました。

しかし、関ヶ原で徳川が勝ち、敗軍となった昌幸、信繁あ高野山に送られてしました。

その後、昌幸は亡くなり、信繁は大坂の陣に参戦します。

信繫は、あの有名な真田幸村であり、大坂冬の陣では真田丸を築き徳川軍を翻弄し、夏の陣では家康本陣になだれ込み、徳川家康をあと一歩まで追い詰めました。

この出来事で幸村は、日の本一の強者と呼ばれるようになりました。

ドラマの脚本は三谷幸喜さんで、所々にフィクションやコミカルなシーンも多くて飽きの来ないドラマでした。

この真田親子について知りたい方、まだご覧になってない方は一度ご覧になってください。

大河ドラマ「西郷どん」第9話の感想

第9話では、ついに江戸に到着し新たなスタートをきった西郷吉之助。

先に来ていた仲間たちとも再会をはたします。

その仲間たちに連れられて品川宿の礒田屋に行き、そこで薩摩の貧しい百姓の娘で身売りされた、ふきと再会しました。

このふきとの再会が、吉之助にとって重要な出会いを招いてくれます。

それは、ふきをひいきにしているヒー様という男との出会いです。

ドラマの後半で島津斉彬の密偵になった吉之助が、斉彬の書状を携えて徳川斉昭のもとを訪ねます。

なんとこのとき、ヒー様(徳川慶喜)に再会します。

本人は否定しましたが、間違いなくヒー様でした。

この偶然とも言える出会いこそ、これからの物語を展開させるキーポイントだと思います。

また、島津斉彬の密偵となった吉之助は、幕府や他藩の要人との接触も多くなると思います。

そこからの経験が西郷隆盛という人物を作り上げていくのではないかと思います。

これからヒー様(徳川慶喜)とも知り合いになった吉之助は、後に薩摩と幕府が敵対しますが、2人はいい関係を築ていたのではないかと思います。

それが大政奉還や江戸城無血開城にもつながるのではと思います。

特に江戸城無血開城が実現したのも陰に2人の関係があったからではないかと思います。